バルトレックスで性器ヘルペスを治そう

一度かかると完治することの無い、ヘルペス。なってしまったからには放置せずしっかりと治療してあげましょう。「バルトレックス」はそんなヘルペスの再発率最大限抑えることの出来る薬です。

10代の性器ヘルペスの病期分類とバルトレックス

黒と赤のランドセル性器ヘルペスの感染及び発症は20代がピークとなっていますが、10代でも症状に見舞われてしまうケースがあります。10代の患者が多くなった原因は性行為を始めるタイミングが低年齢化してきたことも理由ですが、ヘルペスウィルスについての警戒心の低さも一つの理由と言えます。
性器ヘルペスが発症した時の病期分類ですが、まず感じるようになるのがひりひり感やむずがゆさ、痛みや灼熱感といった症状です。そこから進行すると赤いブツブツが発症し、やがて水ぶくれになり、そして水ぶくれが破れて潰瘍を形成するようになります。さらには進行すると激しい痛みまで感じるようになりますし、女性の場合ですと排尿する際にも痛みを伴ってしまうようなことがあるのです。また、こうした病期分類は感染してからすぐに発症するのではなく、しばらくの潜伏期間を経てから発症することがほとんどです。その為、感染後1週間程度してから症状が出るようなことがあります。
時間が経過するほど重い病期分類になっていきますが、早期に対策をすれば症状が重くなるまでに改善することが可能です。
そして治療法としてバルトレックスの服用があります。ヘルペスウィルスの増殖を防止する効果がある薬ですので、症状が軽い内に沈静化させていく為に有効です。しかしすぐに効き目が出ないこともありますので、早めに服用をして対策をした方が安心と言えます。
バルトレックスはヘルペスに有効ではありますが、完治させる為の薬ではありません。よって症状が再発する可能性があるということを理解しておくことが大切です。また、10代からしっかりと性に対する知識を身に着け、早い内からバルトレックスの世話にならないように注意する必要があります。